もうすぐホワイトデー。

私はバレンタインを欠かしたことがない。

数日前から何をあげようか考え下見することもあった。

しかし、夫からホワイトデーのお返しをもらったことはない…。

それがいつも引っかかっていた。

 

腹が立つことに、不倫相手にはきちんとお返ししているのだ!

くやしいー!!!

 

それと、職場へのお返しで何度か、「何が良いかな?」「これどう思う?」と相談されたこともある。

そんでもってさらに腹が立つことに、そのお返しが大喜びされた(褒められた)と嬉しがっているではないか。

そんなことで嬉しいなら、私ならその100倍大喜びするのに。

なにせ、もらったことがないのだから・・・

ちなみに大喜ばれたホワイトデーのお返しは、2000円相当のスタバのカードだ。

好きな時にスタバで2000円分もフラペチーノ飲んだり、ケーキ食べたりできるのだから、そりゃ、皆さん大喜びなはずだよ。

 

でも今年はある変化があった。

夫ではない、だ。

毎年欠かしたことのないバレンタインをすっかり忘れていて、当日あわてて職場の駅前で買ったのだ。(一応夫が好きそうなものは選んだが)

 

そして、ホワイトデー。

たとえお返しがなくたって私は平気!

なぜって・・・

ほしいものをもらえているから。

 

結局のところ、素敵なお返しが欲しかったわけではないのだ・・・

 

そう、本当にほしかったのは『LOVE』

 

見向きもしてくれない、会話もない、はたまた私のように、浮気された、不倫された、とか、、、

日常で愛に不足していた、あるいは欠陥を感じていたのだ。

 

その不安が、ホワイトデーに「なんでお返しくれないの?」「私はあげてるのになんであなたは返してくれないの」となっていた。

お返しの部分を「愛」に変えてみよう。

「なんで愛してくれないの?」

「私はこんなに愛してるのに、なんであなたは返してくれないの?」

私をもっと見てほしい、気にかけてほしい、愛してほしい。

妻からの愛の叫びなわけだ。

 

はて、今年のホワイトデーのお返しはなんだろう・・・

チョコ返し?それともLOVEだけ?

 

今わたしは夫から愛されていると自覚している。(勘違いじゃないと良いが^^;)

だから夫くん、今年はたとえ忘れてても私は平気です!

 

ホワイトデーのお返しを買っていない旦那さん、あなたがもしこの記事を目にしたのならば運命です。

お返しを急いで買いに行こう!

まだ間に合う。

おすすめは、スタバのカード。(奥さまだから3000円くらいチャージしておいてあげてください)

そして、大事な「愛」も忘れずに。

 

バレンタインとホワイトデー、それは愛と愛の交換こ、なのだから。

 

【追記】

3/14 今年は夫からホワイトデーのお返しもらえました!

六花亭のイチゴのホワイトチョコの抹茶バージョンみたいなもので、名前はお茶苺(おちゃめさん)。

夫さん、ありがとう。

美味しく頂きました。